2013/02/02

IS12TにWindows Phone 7.8アップデートが提供開始、強制アップデートしてみた


国内販売された唯一のWindows Phone、それはIS12T。
似非Windows Phone 8、それはWindows Phone 7.8。
IS12TにWindows Phone 7.8アップデートが提供開始されたのでアップデートしてみました。

あ、富士通東芝はAndroid作らないでいいです。Windows Phone作ってください。

それは1月31日のことであった。
「よーしぜろ今からIS12TをWP7.8にアップデートしちゃうぞー」
と思うもむなしくなんといきなり問題に直面。
OTAが降ってこない。
はやくWP7.8に触りたい…!と思ってたらこのざまです。
せっかくなので強制アップデートという手法を取ることにしました。

強制アップデートの方法
①母艦にIS12Tを接続
②母艦のネットワーク接続をオフに
③IS12Tのフライトモード設定画面を開く
④母艦のZuneで設定を開き更新を選択
⑤プログレスバーが満タンになった約2.5秒後にすぐさまフライトモードに切り替え。
⑥アップデートありと表示されたら母艦のネットワーク接続を有効にしアップデート作業を開始。


ちなみに手順⑤はタイミングがシビアなのでダメだったら何度もチャレンジしましょう。がんばってください

この強制アップデートの手順を使ってWP7.8にアップデートするには3回同じ作業をするはめに。
すごく根気と時間がかかる作業になります。時間には余裕を持って実施してください。

アップデート前のバージョンは7.10.8773.98でした。
 3回のアップデートを経て…

 ついにWP7.8に!

アップデートによるバージョンの変化は
7.10.8773.98→7.10.8779.8→7.10.8783.12→7.10.8858.136
でした。

起動画面も新しいものに。

●おもな新機能
①ホーム画面のタイルサイズが3種類に。画面使用領域も広くなり見やすく。
アイコンいっぱい置けます。レイアウト考えるのも楽しいですね。
IS12Tの横に映ってるのはPOIDですね。このPOIDもいじり甲斐があります。

②アクセントカラーが20色に増量。自分色を見つけよう。
アクセントカラーが増えたことにより自分好みの色が見つけやすくなりました。

③ロック画面にBingの日替わり画像を表示可能に
ロック画面変更するのは面倒…だけど同じのだと飽きる…
心配いりません。Bingの日替わりロック画面ですべてが解決。毎日違った美しいロック画面で気分を一新、一日のスタートを心地よく切ることができます。

他にもこれまではロックスクリーンのパスワード入力を10回間違えたら問答無用で初期化されてしまっていましたが今回からはワンクッション入るようになりました。
Windows Phone 7.8 では一定の回数以上、誤ったパスワードが入力されると「A1B2C3」の入力を促すメッセージが表示されます。「A1B2C3」と入力した後に正しいパスワードを入力すれば、端末を初期化されることなくロックを解除することができます。 ― Windows Phone 7.8 の主な特長 - Microsoft

Windows Phone 8も触りたくなりました。
しかし今は円安傾向なので輸入しようにもあまりオトク感が感じられず…

WP7.8なIS12T、動作は相変わらずヌルヌルしてました。手元にIS12Tあるよーって方はアップデートしてみましょう。
ちなみに、このアップデート方法を使ってWP7.8にアップデートするのにかかった時間は30分弱です。時間のあるときに実行するのがお勧めです。
〈リンク〉
Windows (R) Phone IS12T OSアップデートについてのお知らせ | スマートフォンなどアップデート | au
Windows Phone 7.8 の主な特長

0 件のコメント :

コメントを投稿